FC2ブログ

青いひつじ

ちびちびと、世界の平和をめざします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界に向かって愛を叫ぶ!

恥ずかしながら

今我が家では、
「セカチュー」がブーム。

その昔ブレイクした原作は読んで、
「ケッと思って捨てていたのですが、

今回
BSでダリンが録画した「セカチュー」の再放送を見て、

「こんな甘甘な奴ら、おらへん」と思いながらも、
年のせいか涙腺のゆるくなった私はうるうるしてしまうのです。

ダリンの目当ては、
制服姿の綾瀬はるかですが…








「こんな奴おらへん」的恋愛スペクタクルと言えば、
これもありますね…

「タイタニック」


一番泣いちゃったのは

老夫婦の場面。



 沈み行く船の中で、
 老夫婦が抱き合ったまま、
 最後のときを待つ…



いいね~
わたしたちも
終わりはこれで行こうね
って、ダリンと話しているんです。

中年を過ぎたわたしたち。
自分らの終わりは、もう視野の片すみに入っています。

(そやけど、
 どうやって沈む船を選んで乗るっちゅうねん!?
   って自己ツッコミもありますが)






でも時折、
そんな死の空想を、もて遊んではいけないと
現実に引き戻されるような事件が起こります。






先日、
ダリンの後輩が自殺しました。

しばらく前までダリンと机を並べていた彼は、


黙って我慢して、
不満を溜めて溜めて、
キレてしまうタイプだったらしい。




確かに仕事はきつく、
報われず、
認められず、
不満をつのらせていくような、
そういう状況だったかもしれない。

でも彼は誰にも言わなかった。




しばらく前、
彼に目をかけていたOBの人に、
奥さんが言ったそうです。

「主人が会社に話したいことがあるんです」って。


そこで
OBの人や先輩、上司が
何度か声をかけて相談に乗ろうとしたけど、

本人は何も核心は話さなかったと。




ダリンは言う。
「だから、
 もし俺がそばにいても、どうしようもなかったかもしれない」



…本人が昔ダリンに言ったことがあるという。

「話しても、しょうがない」と。





しょうがない、って



話すことでいったい何を期待しているのだ。




自分が話した相手が、状況を何とかしてくれるとでも?



相手にそんな力があると思っているのか!?



同じ会社に関わり、とどまり続けているひとたちの、
誰にもそんな力は無い。



みんなどうしようもない状況で、
必死にしがみついているのだから。





それでも、

とダリンは言う。


「俺自身はどれだけ沢山の人に、
 話を聞いてもらったことか…」
と。


今回も、前回の転勤でも、
そして今までの会社生活で行き詰ったとき、
ダリンはありとあらゆる上司、先輩、同僚に話をして回ってた。



返ってくる答えは決まってた。

みんな異口同音にこう言った。


「大変なのは分かる、
 でもどうしようもないよ」
と。





答えはわかっている。

誰にもどうしようもない。




人に話をすることは、
自分の頭の中を整理するための、たしにしかならない。

「わかるよ」と言われても、
 事態は何も変わらない。


誰かに頼って、助けてもらえなどしない。







そうだとしても、


だとしても、






それでもわたしたちは叫ばねばならない。


生きるために。







自分と似た人に、似ていない人に、
思いを手渡すために。


分け合うために。




一人ぼっちで行かないために

自分のために、

家族のために、



話すことは信じることだから






誰にでもいい、
甘えてくれたらよかったのに…









 …これはダリンとわたしが
 二人で勝手に話し合ったことで、

 事実はもっといろいろ複雑な、

 本当にどうしようもない事情があったのかもしれません…

 
  
 死ぬぐらいなら会社やめちゃえばいいのに、
 とか言えないし、
 

 あるいはあるいは、
 心の病であったのかもとか、
 プロにつながっていたら
 どうだったかとか…わからない  
 
 でも







それでもやっぱり、
死んじゃだめだ。


だまって死んじゃだめだよね。




ともかく、

わたしたちは頑張りましょう、
自分と家族と仲間のために。


スポンサーサイト

Comment

[442] そうだよ、生きなきゃいけない。

実は今年の1月に、以前働いたところでとなりの席だった男性が・・・。
一緒に働いたのは20年近くも前で、それ以降の彼の人生については詳しくは知らないのですが、ショックは大きかったです。
奥さんも子供もいたのに。
でも、死ぬことしか選択肢がなかったとは思えません。

何があろうと、生きなきゃいけない、と思います。

[443]

私、個人的にも、仕事柄的にも
なかなかの数の自殺と関わりをもつ運に恵まれてしまいましたが、
数々の経験をふまえて

・・・・・・偉そうなことは何も言えないな。

[444]

みなみさん、リリーちゃん、コメントありがとうi-228
お返事が遅くなってごめんね。

みなみさん>
そうだよね、
たとえ少しの関わりの人でも、ショックですe-263
そっちの道を選ぶな! と叫びたくなるよね。


リリーちゃん>
私、根がなにわぶしだからi-229
気持ちのままについつい放言したくなるの。

自分に向けても叫んでいるのよねe-441

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://sheepsleap.blog9.fc2.com/tb.php/404-c2e461e3

 | HOME | 

FC2カウンター


フリーエリア


最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

sheep


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。