FC2ブログ

青いひつじ

ちびちびと、世界の平和をめざします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のこころは

今日もせっせと「ご近所さん」にお返事を書くわたし。
律儀だなあ。

時間かかる~



まあそのうち減ってくるだろうから。
っていうか、この中で何人か残るのだろうか。

感じよさそうな人もいるんだけど、
相手にとってわたしの印象はどうなんだろうな。

でもおいしいお店情報いっぱい教えてもらえた。
ネットって便利だね~






それでですね。
桜が咲いたのですよ!

でも天気が悪くて写真がとれないではないか



札幌しか知らなかった頃、
花見と言えば

「桜の木の下でジンギスカンを食べること」であった。

「花見」=「その年始めての外ジンギスカン」



肝心の桜は
もうもうとあがるジンギスカンの煙に隠れて見えず、
それはそれで楽しいけど、風情も何もあったもんじゃない。




10年ほど前関西に住んで、
初めて本当の(?)花見を知った。

関西の新聞って、
その時期になるとお天気欄に「花見情報」のコーナーがついて、
どこそこは何分咲き、って一覧で紹介してるの。



3月半ばともなれば毎日「花見情報」を見て
いつ咲くか咲くかとそわそわし、


関西一の早咲き、和歌山の紀三井寺の桜から始まって

奈良吉野山の千本桜、

大阪造幣局の桜の通り抜け、

そして京都
嵐山、

平安神宮、

平野神社、

最後を飾る遅咲きの仁和寺の桜

と、桜を追いかけあっちへこっちへ。




雨や風に散りはしないかとやきもきし、

4月の末まで気が休まるときがなかったわ。

周りのひとも、会えば桜情報の交換、
「あそこはもう見はった?」
「いや、こっちのほうがきれいやわ」
みんなそわそわ。


「世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」だよ。まさに。



関西の桜は
ぶわーっと一面に、狂ったように乱れ咲いて
それはそれは華やかで美しくて、

「願わくば 花の下にて 春死なむ」

という西行のこころがわかった気がした。


あんまりきれいでうっとりして、
そのまま夢見るように死んでしまってもいいくらい。



桜ってほんと、
ひとの心を騒がせるニクイ奴!





盛岡の桜もきれい

明日「石割桜」というのを見に行こうと思ってます。
根っこが石を抱いているんだって。


お天気が回復するとよいなあ。



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://sheepsleap.blog9.fc2.com/tb.php/362-bdda7ddc

 | HOME | 

FC2カウンター


フリーエリア


最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

sheep


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。