FC2ブログ

青いひつじ

ちびちびと、世界の平和をめざします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気・マジ・なの?

sheepさんは本当に、しょうがないおばさんだ…。



しかし、しかしですね。

先週の金曜にわてくしが居残りしていたのは、
禅師先生のプライベートが聞きたかったからではありませぬ。
(いや、それも聞きたかったが…)



禅師の教師としてのあり方を聞きたかったのです。









先週禅師が
「今日久しぶりに生徒さんに喝を入れちゃった…」
と言ってきました。




授業中に内職をしていたり、
お客さん状態になっている人がいるんだそうで、


「就職活動のための内職はある程度仕方がないが、
授業の内容が自分に関係のないことのように、
捨ててかかっているのは見過ごせない。



まじめに授業を受けている生徒さんが気の毒だ。

生徒たちは公金を使って学校に来ているのだ。

この科目があることを、
知っていて自分で選んで来ているはずだ。


授業の内容がわからないなら、
質問をしにくればいくらでも答える。


それもしないで最初から捨てているのはいかがなものか」


そう言って叱ったんだそうです。





禅師の話を聞いていた
わたしと、先輩のお兄さん先生は
異口同音に言いました。

「それは科目の内容自体が難しすぎるから、
仕方ないんじゃないですか?」









このクラスは若い人もいるけれど、
上は60歳までの高年齢クラス。

最初はパソコンの初歩も知らない人もいて。



禅師の科目が始まる前には、
ワードやエクセルなどの使い方を勉強していました。

その時点で頭を抱えている人も大勢いました。





ワードやエクセルでひいひい言っている人たちに、
さらに上のこと(IPアドレスがどうたら、ネットワーク構築がうんたら)を教えようとしても、
ムリではないか…

若い人ばかりのクラスなら、
ついていけるかもしれないが…

生徒たちはとりあえず「パソコンの使い方」を習いに来ただけで、
内容の詳細をあんまり深く考えて選んだわけではないのでは…



そもそも
このカリキュラム設定にムリがあったのではないか…




わたしとお兄さん先生は、
そんなようなことを口々に言いました。







「久しぶりに怒って、疲れた~」と言って、禅師は帰ってしまいましたが。







それから1週間、




相変わらず内職組もお客さんもいるようですが、



遅くまで残って質問して、理解しようとしてる生徒もいるし、

「これは日本語じゃなくて、宇宙語ですね。チンプンカンプンですよ」と言いながら、
楽しそうにしている生徒もいるし、

なによりクラスで一番高齢の人が、
とてもまじめに授業に取り組んでいるようです。
(休み時間に教室を出てくるとき、目が輝いています)










「自分で選んでここに来ているのだから、
きちんと授業に取り組むべき」というのは

ふつうはタテマエですよね。


それに対して
「そうは言っても、
最初からムリなことをさせているのだから…」というのは

ホンネですよね。





口ではタテマエを言っていても、
実は自分のメンツがつぶれたから怒っている…ということもありますよね。


タテマエを言いつつ、
「そうは言ってもやっぱりムリだよな」と内心はあきらめている…そういうこともありますよね。











でも
禅師の言葉を聞いたとき、

わたしは感じたのです。

「このひとにとって、これはタテマエではないのでは?」






もしかして、
本気で言っている?

YES
…どこまでなのか、100%ではないんだろうけどね。
  (100%なら、ただの熱血バカだ)









禅師の教えている科目は高度なのです。
他の先生たちにもさっぱり分からないようです。
お勉強好きなわたしでさえ、「わかりましぇーん」と最初から逃げてしまいたいほど…


でも難しくてわからないながらも、
禅師の本気さに生徒さんはついてきているらしい…



生徒さんの表情を見ていて、
どうやらそうらしいと感じます。








自分の教えていることが理解してもらえないとき、
興味を持ってもらえないとき、

「この人たちにはムリだから」と
言ってしまえばラクですよね。





でも、

そんなにカンタンにあきらめたくないんですよ。わたしも。




あきらめたくないんですよ。

禅師のように、本気になりたいんですよ。









どうしたら本気になれるのか?

その本気さはどこから出てくるのか?



…矜持と言ってもよいでしょうね…





そういう禅師のあり方に、すっごく興味を持っているんです。


そこが聞きたいんです






それなのに、

わざわざ居残りして、
年とか聞いたりして、
わたしのバカバカ


またお話聞く機会があるとよいな…

いや、やっぱり聞こう




スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://sheepsleap.blog9.fc2.com/tb.php/354-b48a44f8

 | HOME | 

FC2カウンター


フリーエリア


最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

sheep


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。