FC2ブログ

青いひつじ

ちびちびと、世界の平和をめざします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誇り高き求道者の国へ

チベットで騒乱が起きていますね。

他の独立運動をしている国でもそうなのですが、
こういうニュースを見ると、



どんなに巧妙に弾圧しても

人の誇りを奪うことはできないんだなあと思わされます。





わたしはダライ・ラマ14世のファンなんです

テレビで見るダライ・ラマは
きさくで愛嬌のある普通のおじさんで、
その口にする言葉も
ごく普通の当たり前の言葉ばかりです。


激しいことも、難しいことも言わない。


でもそれが
時代の波に翻弄され
50年近くも亡命生活をしながら、
祖国の自由のために活動しているひとの口から出ると、


とても重く、深く、大きい



「そんなのきれいごと」
とか
「たてまえだ」
という反論が力を失う。




チベット人の精神的指導者であるダライ・ラマは
自分のことを「一介の修行僧」だと言っています。









引越しが決まったのでわたしは、
今、岩手県のことをネットや本で調べているのです。


岩手県はその昔、
交通の不便さや、産業がないため県民所得が低いことから、

日本のチベットと呼ばれていたそうです。



そして
岩手と言えば
宮沢賢治ですね。


宮沢賢治は詩人で童話作家として有名ですが、
農業指導者であり、学校の教師でもあり、

熱心な仏教徒でもありました。



自分の作品や活動を通じて、

自らの信仰の世界を具現化しようとしていたようです。


あまりに求道的で、禁欲的になりすぎて
病に倒れ早世してしまいました。


すぐれた指導者であった賢治も
自分のことを「一農民」と言っていました。










チベットのニュースを見ていて、
ふと学生時代に描いた絵のことを思い出しました。


青い地に
道化師やいろんな人物が乱舞している絵で、
(いかにも女の子が描きそうなモチーフだ…

それにわたしは「チベット」とタイトルをつけました。



なんで「チベット」とつけたのか
思い出せないのですが、


「自分とははるかに遠いところにある
未知の国」
という感じだったのかな?








その「未知の国」だったチベットと岩手県、

そしてダライ・ラマを生んだチベットと、宮沢賢治を生んだ岩手県が、

わたしの中で今(勝手に)リンクしています




「誇り高い求道者の国」として…






「県民性辞典」でも、
岩手の人たちは
「まじめで誇り高い」とされています。



実際のところはどうなんでしょう?

行ってみないとわからないけど、




どんな出会いが待っているのかな








「世界全体が幸福にならないうちは、個人の幸福はありえない」
宮沢賢治は言いました。

確かにそうかもしれないけれど、


でも
「世界の幸福は、個人(わたし)の幸福から始まるんだよね」
と感じている、

一人の俗人のわたくしが、


宮沢賢治のユートピア「イーハトーブ」に行って、

さてさて、
どんなことが起こりますやら

お楽しみに



スポンサーサイト

Comment

[341] 引っ越しちゃうんですね

寂しくなります~

「誇り高い求道者の国」でたくさんの素晴らしい出会いをしてくださいね!

[346]

たまちゃん、ありがとうございますi-179
わたしもとっても残念です。
今は新しい生活のことを考えて、
テンション上がっているけど、
きっと向こうに行ってから、さびしくて泣くんだろうなあ~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://sheepsleap.blog9.fc2.com/tb.php/352-435a058b

 | HOME | 

FC2カウンター


フリーエリア


最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

sheep


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。