青いひつじ

≫2007年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オファー?

(まだ誰にも言うなと言われているんだけれど
ここなら多分、大丈夫?)



どこかのスキマにもぐりこめれば…
いいなと思っていたけれど、




もしかして、もしかして、


事務、
接客、
たまに
講師、
ちょこっと
相談員、

そんな
わたしのやりたいこと全部できる?


いいお話をもらったみたいです。



みたい、
と言うのは

まだまだ未確定で
そもそも
その仕事が
発生するかどうかも
わからないから。





実現すれば

おいしい。
非常においしい



でも
何でわたしなのですか? って聞いてみた。

いろんなところに行って、
いろんなことをしてきて、
折れたり、
回り道もして、
丸くなってきたひと。
そんなふうに思ってもらえてるみたい。

ホントか。
本当にそんなふうになれているの? わたしは。



自分としては、

中途半端でキャリア不足だし、
対人関係もまだまだ弱いし、

講座でも若い子についていくのは
やっぱり結構キツイし、

それに
もう長い間
単発のバイトとか
ボランティアとか
自分のやりたいことしかやって来なかったから、
「職場」の感覚ってものが消えちゃっていて、

こりゃ
気持ちを「奥様モード」から
「お仕事モード」に切り替えんとならんな~
と痛感していたのだけどね。


のんびり、ほよーっとしているように見えるらしいけど、
内心
結構必死なのよ。



そんなわたしにつとまるかな?

本当にわたしでいいの?

他のいろんなスケジュールとの調整はできるのだろうか?


ドキドキ。グルグル。


でも

できたらうれしい。
すごくうれしい。




どこかで拾ってもらえれば…
いいなと思っていたけど、




もしかして もしかして

豪快に一本釣りしてもらえるのなら、
喜んで餌に喰いつくわ!




本当に、
どうなるんだろうね。

やりたいけれど、
今は
毎日忙しくて
結構無理をしているような感じもするし。
仕事となると、もっとキツい?それともラクになる?
身体は大丈夫?

…いろいろ自問しながら



今はただ

フル回転でお勉強しつつ、
心は静かに
待っていましょうっと。
スポンサーサイト

マスターへの道 その2

WordとExcelのエキスパート試験にめでたく合格したのです
タイピングも早くなって、
調子のいいときは900字/10分くらい行けるようになった。
結構いい感じ?

でもこれが始まりだよな。
実務に使えるためには、
まだまだ勉強しないとね。

My Story

職安の職訓に通っているのですが、
連休明けに
「職務経歴書」なるものを出さねばなりません。

「わたくしは、
過去このような職務につきまして、
このような業績を納めたのでありまーす。
このようなことを学び、
このように自己を磨いてきたのでありまーす。」
というもの。
求職のとき、履歴書だけでは差がつかないので、
「職務経歴書」で自己アピールをするのだそうです。


書くためには
自分の職業人生を振り返らねばならないのだが、

うーん、
結構これ苦しいぞ。

カウンセリング系のお勉強で
さんざん自分を振り返ってきた(と思っている)のに、

またここでもかい?って感じ。

まあ必要性あるんだけどね。



思えばいろんな仕事したなあ。
正社員で2つ。
結婚してからは色々なバイト。

仕事は誠実にやってきたつもり。
大体のところで重宝がられて、
とりあえず役に立ったと思う。

でも、業績なんてねー?
普通にやってただけだよ。


資格も色々とったし、
学校にも行ったけど、
途中で挫折したり、
全然関係ない仕事についてたり、


うーん、
ストーリーがないぞ!

わかりやすくないよ~

あっちへちょぼちょぼ、
こっちへちょぼちょぼ、

うろうろしてるような人生。

行った先々で
いろんな人や出来事に会い
軌道修正してきたのだけど、

「職務経歴書」にそんな詳しくは書けないよ。



何が言いたいのかわからない、
どこに行くのかわからない、

純文学みたいな人生?

そんなの書けねえよっ!






ああ、でもここで決めなきゃならないんだな。

最終ゴールはわからないけど、



自分のわかりにくい人生を読み解いて、

とりあえずひとつの解釈をしなくちゃならないんだな。

とりあえず、次どうするか決めなくちゃならないんだな。


  …それをわたしは恐れてきたのだけど…

今、やらなくちゃならないのだ。


ヒュー、
がんばろっと。

古伊万里?

昨日
「sheepさんの後ろに壷が見える」って言われた。
と、
いきなり唐突ですが…


昨日はインプロゲーム会に行ったのです。
そこにお母さんと一緒に来ていた小学生くらいの女の子がいて、
柔軟なアイデアをいっぱい出して
大人たちを楽しませてくれたのですが、

最後の語らいタイムのときに
その子が
「みんなの後ろに何かが見える。
見えるものはその人それぞれで違う」と言うのです。

「念視かい?!」って感じですが、

マイルドにこじつければ、
感受性の鋭い子どもには、
その人のまとっている雰囲気とか、本質とかが
くっきりとしたイメージとして見えるのであろうか、と。


「天使の羽が生えている人」
 …ふんわりとして、羽ばたきそうな感じだから? とか

「ドラ焼きが見える」
 …ほっこりして、円満な感じかな? とか

「スーパーマリオが見える」
 …冒険好き? 単なるゲーム好きかな? とか
 
いろいろありましたが、

わたしは
「壷が見える」って言われたんです。

一瞬
「やば 2ちゃんねるの壷かよ?
このごろ全然見てないんだけどな…」と思ったのですが、

そうではないらしく、
「大きくて、
渋い色合いのたくさんの絵がついていて、
豪華な感じの壷」だそうです。

それって、こんなかんじ?
20070505123649.jpg


「古伊万里か?!」

さらに
「大きい…いろいろなものが入るから
 たくさんの絵…様々な感性を持っているから
 豪華な感じ…自分を大切に思っているから、
だと思う」
と解説してくれました。


確かにわたしは
「ふところが広くて、
感性豊かで、
自分を大切にする人間」でありたい。

すごくそうありたい。



ありがと、Mちゃん
sheepおばさん、すごく壷にはまったよ。
うれしいよっ



インプロは1年ぶり?だったけど、
やっぱり楽しい~

いい汗かいて、
知らない人ともすぐ打ち解けられる、
あの感じ、日常ではなかなか味わえない。

職場のコミュニケーションを良くするために、
朝礼でインプロを取り入れている会社もあるそうです。

学校でもやればいいよね。
いろんな個性のある子がはみ出さずに、
「みんな違っていておもしろい!」って言い合えるような
そういう時間が持てれば。

お上も
「美しい国を愛せよ」とか言ってないで、
「目の前の人と仲良くしよう」っていうところから
始めてもらいたいな。

身近な人との関わりが、
集まって、集まって
国を作っているんだもの。

 | HOME | 

FC2カウンター


フリーエリア


最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

sheep


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。