青いひつじ

≫2007年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルディック世界選手権

お久しぶりです。
唐突ですが、
ノルディック世界選手権なのです。

非常に興奮&憤っているのです。

昨日
ドームにクロカンスプリントを
見に行ったですよ。
札幌ドームはダンナの会社のすぐそばで、
歩いていけるくらいの距離なので、
ダンナの会社に車を停めて、
テクテク行きました。

汗タラリとにかく観客が少なかったんです。

やや埋まっているのは、
自由席で、
平日4時からの試合とあって、
年寄りばっか。
そりゃそーだろ。


指定席はもーとにかく
ガラガラだったです。
通路1本はさんだだけで、
チケットの値段が倍違うんで、
わざわざ指定席で見る人は少ないですよねー。

試合の実況中継で客席が写るたび、
ああ、いかんって感じでした。
これでは
せっかく来てくれた選手がかわいそうです。
20070224120527.jpg

(この写真はレースが終わって、表彰式を待っているときのもので、
レース中はこの3倍くらいは入っていましたが…)

それに
屋内で熱戦が見れる
という触れこみのドーム開催は
どうだったんでしょうねー。
だって、
スタートとゴールと途中の一部分はドームの中ですが、
白熱のレースは 
ほとんど外でやってるんですよ。

スタートしてすぐ
選手がドームから出て行って
見えなくなり、
その間スクリーンで外のレース風景を見て
また戻ってくるのを待っているわけですが、
この待ち時間は
なんかマヌケでした。
英語の実況中継の意味もわからないし。


そんな感じで
最初は違和感たっぷりで
見はじめて、

その上
声援を送っていた
日本チームが男女とも予選落ちしてしまい、
ドームにがっかりムードがただよいましたが、
決勝へとゲームが進むにつれ、

雨が降る最悪のコンディションで、
転倒続出。
強豪がまさかの予選落ち
なんていう波乱のなりゆきに


観客も熱狂してきて、
でもきっとみんな
選手の名前とか
わからないし、

ただ
「うおっ!」とか
「すごい!」とか
「残念!」とか
「がんばれ!」
っていう短い歓声が湧き上がって
人数少ないなりに
ドームは興奮に包まれていったのです。



とにかく迫力がすごいのです。
速いのです。
かっこいいのです。
坂を上るときなんて、
もう滑るというより
上に向かって雪を掘ってく
って感じで、
もう
超人というか、
バイキングというか、
パワフルなのです。

英語がわかんなくても、
選手の名前もわかんなくても
楽しめるのです。



見たら絶対面白いのに、
もう少し宣伝何とかできなかったのでしょうか。
歩いていける距離の夫の会社にも
ポスターも貼っていなかったそうです。
企業にスポンサーになってもらうということでなくても、
動員を頼めなかったのでしょうか?


もうとにかくちょっとでも
一人でも盛り上げたく、


今日は
至近距離でモリモリ太ももを見に
白旗山へ行ってきます。

スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2カウンター


フリーエリア


最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

sheep


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。