青いひつじ

≫2006年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算命学

ダンナのだだこねのせいで、
ちょっと時間に遅れましたが、
「算命学」の講座に行ってまいりました。

「算命学」とは中国最古の占星術で、
もともとは国王が政治や戦争の策略を立てるために
使ってたというもの。
なので昔は一子相伝で密かに伝えられました。
その頃は敵に生年月日を教えると
算命学で弱点を知られてしまうため、
教えなかったそうです。へえ~

7月に算命学の第一人者・中森じゅあんさんの
講演会を聞きに行って、
面白そうだなあと思ってたのでした。


主精
人間の持っている本質を自然のシンボル
(樹とか山とか火とか)にたとえて10種類にわける。
人間の身体全体をおおうオーラみたいなもの。

主星
人間の身体を

         頭
         
    左手  胸   右手
         
         足

このように十文字型の5つのパーツにわけ、
各パーツに1つの星を当てはめる。
合計5つのこの星が主星
その中の、中心部(胸)のとこにあるのが「中心星」で、
持って生まれた宿命的性格をあらわす。

中心星以外の4つの主星は、
それぞれ親・子・恋人・配偶者などの
基本的な人間関係にかかわってくる。

5つの主星以外にも、
十文字の周りに3つの従星があり、
若年期・壮年期・晩年期などをつかさどる。

主精・主星・従星
それらの持つ特徴が
組み合わさってひとりの人間の性格を作っている。


なわけで…
複雑なのですよ

何の占いでもそうなのかも知れないけれど、
ただ「当たってる!キャー」
とかそういうものではないのですね、

自分の持っている特長を知って、
それをどう活かすか、ということを考えるのが大切みたい。

そのためにも、
いろんな特徴を組み合わせて
ひとりの性格としてどう読み解くか、
がポイントなわけで…

リーディング力を磨きたいなと思いました。
難しかったけど、
とっても面白かったです。

一緒に受けたかたたちの、
一人ひとりの性格の説明を聞いて、
「ああ、そうなんだろうなあ~」と思わせられるのが多かったし。
みんなそれぞれ違うんですねえ。


ちなみにわたしは
主精が「海」で
主星が「鳳閣星」でした。

知的?、ユニーク、しばられない、
バランス感覚、公正さ、無邪気、
楽しみ、子どもらしさ…などが特長だそうです。

自分としては、これらのキーワード、
ツボに入って、喜んでます。
入門編だから、耳障りのいい言葉が並んでるのだろうけども…

そっかあ、「子ども」だから、
分別なくても仕方ないよね ヽ(´▽`)ノ ハハハハ… …

こういう自分として、
どう生きていこうかな?
スポンサーサイト

ご心配をおかけしました。

ダンナを病院に連れて行き、
MRIやらレントゲンやらとってもらいましたが、
異常なしでした。

MRIで見るダンナの脳、
すごくきれいだった~
萎縮もなく、変色もなく、
まるで赤んぼの脳みたい?って感じでした。
素人目にも、
これは大丈夫そう、って思いました。

気になる症状はその後出ていないし、
低血圧のためかもしれないとのことで、
また気になったら来て下さい、
と無罪放免になりました。

とりあえず、よかった~


それにしても、ダンナは
どうしてあんなに病院嫌いなんだろう?!

連れて行くのにひどく苦労しましたわっ。


病気のこわさやつらさを理詰めで言っても説得できず、
(というか「大丈夫だよっ!うるさい」と逆切れ)
わたしやネコのためにお願いと頼んでもダメ、
お母さんが心配するよとプチ泣きしてもダメ、

どうせ死ぬんだから、いいんだー
と言ってゴロゴロ寝ているので、

「どうせ死ぬからいいんだ、だとうっ
家族が悲しんでもいいのかあっ、
そんなら今死ねよ!」と
首を絞めてもダメ…はあはあ

「大切なひとの一大事かもしれないのに、
わたしはうまく説得できないんだわ」

と思ったら情けなくなって逆上、
大泣きしたら
「あと5分で行く」と。

5分たったら、
「そんな泣きはらした顔の妻とは
一緒に行けない。顔をもとにもどせ」
なんだとうっ~

また寝ていたところに
うちの父から電話がかかってきて、
「ダンナーくんは元気かね」
「それがね、お父さん、これこれしかじか…」と
電話で話しているのを聞いて、
ダンナはあわてて起きてきた。

憮然としたままだったけど、
やっと連れて行けた…

へとへとになって、
わたしのほうが血圧上がってしまったわい

心配かけんな、馬鹿ヤロー!!


自分の説得ベタも情けないっす。
40過ぎて、この夫婦なんなのでしょうか。
今後の説得のために、
日ごろの夫婦関係を改善して
もっと大人っぽく、
分別臭くなりたいです。_| ̄|○


それと
普段はしょーもなーと思っているわが父ですが、
今回は役に立ってくれました。
お父さん、ありがとうございます。
親の力は偉大だ。

デジャブ

おひさしぶりです、ごぶさたしてました。
前回から1ヶ月以上もあいてしまいました

書こうと思うことはたまってるのに
いつから書き出すか、
タイミングをはずしてしまって…



夫のことでちょっと心配が発生しまして…
昨夜帰ってきて、
「会社で頭がスーッとなって、
フッと落ちていくような感覚を味わった」
それで
「デジャブが多い」と言うのです。

夕食後ビデオを見ながら、
「この映画、、前にも見たか?」(見るのは初めてです)
とか
「この会話、前にもしなかったっけ?」とか言うのです。
あやしいよ~ダーリン。


「デジャブ」をネットを調べたら、
「側頭葉てんかんの前触れ」ってのが出てきました。
年齢を問わず発症するそうです。
ダーリンはてんかんなの~?

何にせよ、脳はこわいよ、
病院へ行こうとすすめましたが、

夫は今日も明日も大事な会議が入っていて、
病院に行くなら土曜日だと言います。


今日は会社に2回ほど「大丈夫?」と電話して、
「そんなことでかけてくんな!」と
プチぎれされてしまいました。


夫は自分の体のことよりも、
仕事に穴を開けないことを優先するのか、はあ~

その夫をうまく説得できなくて、
仕方ないと思ってしまう自分、はあ~

そして「土曜に検査に行く」と聞いて
「土曜の占いの講習会に行けなくなる、楽しみにしてたのに
と思っちゃった自分、はあ~

夫も自分もヘンだ?

あとは夫がもう一日大丈夫でいてくれることを
祈るばかり。
これ以上何も症状がなくても、
土曜は絶対に病院に連れて行きます。

夫が何ともなくて、
無事に占い講習会に行けますように

 | HOME | 

FC2カウンター


フリーエリア


最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

sheep


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。