青いひつじ

≫2006年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

❤、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

日本画を習っています。
始めは植物とか描いていましたが、
ここしばらくを描いてます。

今は3匹目を作成中。
1年近くかかっているのに、
なかなか仕上げることができませんでした。

描いては消し、塗っては重ね、
ずーっとちまちまやっていたのですが、

何だか決まらない、
コレダ!って思えない。
エイッ!と思い切った線が引けない、
要するに自信がない。

絵を描くのが好きだから、
失敗を恐れる
---これってのよう?


困ったどうしようと進みあぐねていたら、
自由にしていいよと待っていてくれた先生も
さすがにじれて、
「こんなふうにしたら?」と少し手を入れてくれたけど、
やっぱり違う、
なんだかなー、と思いつづけて、

そして今日とうとう
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!
これで決まった!いける!

そうよ、この線が欲しかったのよ
友人の家のこの猫ちゃんは、
モコモコしていて、

頭、肩、背中が円くクリン、クリン、クリン、
そして尻尾がスーッとクエスチョンマークのように
収まる…これが描きたかった。(TДT)

こんな感じの線です
  
20060228222138.jpg


あとは目ぢからが出せれば完璧だ!

うれしさに
すごくハイになり、
夫に話しても、
全然共感してもらえなかったよ… _| ̄|○


絵の現物は
4月11日(火)から16日(日)
セントラル大丸藤井
7階スカイホールにて
展示します。


見に来て下さいね!
そんで、クリンクリンクリンスーッって…
(上手下手はともかく) 
線への恋心。お願い…わかって
スポンサーサイト

勇み足でした

昨日お知らせした増田先生のラジオ出演ですが、
なんと
残念なことに北海道では聞けなかったのでした。

TBS系列はHBCだと思って、
みんなに知らせたのですが、
朝9時になっても始まらないので、
ネットで調べたら、
北海道では「子供電話相談室」は
放送されていないということがわかりました。
2001年まではやってたらしいんですが…
楽しみにしていたのに、
残念です…

早起きしてラジオの前にいてくださったみなさん、
ごめんなさい。
今度から、ちゃんと調べてから連絡します。m(__)m

増田先生がラジオ出演

お知らせ
明日の2月26日(日)のTBSラジオ
『全国子ども電話相談室』朝9時~10時(生放送)に
増田修治先生が出演します。

 永六輔さんと一緒で「挨拶について考える」というテーマで
お話されるそうです。
よかったら聞いてみてくださいな♪

教育委員会へ申請に

行ってきました。
教育委員会に申請を出して、
後援をもらうために。

後援だからと言って、
別に教育委員会は名前を貸すだけで、
催しを宣伝してもらえるわけでもなんでもないけど、

「後援:教育委員会」の一行をチラシに入れたいばかりに。
だって、それが入ってると、
なんだか信用できそうに見えない?
わたし自身、権威に弱いですので…


いよいよ明日乗り込むのだ、と思って
昨日はどきどきして眠れませんでした。
小心者です。

ミスのないよう計画書を確認し、
思い切って生涯学習課のドアをくぐりました。
しかし、
前回問い合わせに行ったときもそうだったのですが、
あっさり肩透かしでした。

「担当者が休んでますので、
一応お預かりして、
なにかわからないことがありましたら
お問い合わせしますので」

って、
そんだけかい?

そんだけでいいの?

もう帰っていいの?

あんなに緊張して損したよ。



でも、雰囲気的になんだかOKみたい、
きっとこの申請は通りますよ。

ま、いいや。

ふつつかものですが

昨日はわたしの誕生日でした。
ダンナがケーキを買ってきてくれました♪
20060224202200.jpg

でも、ロウソクもないし、メッセージカードの名前も書いてないんですよ。
会社のひとに車で送ってもらう途中で買ったので、
そのひとを待たせちゃいけないと思ったんですって。
ふう~ん。( ̄ー ̄) 手抜きとちゃうんかい。
でもありがとう


わたくしの今日この頃

ダンナがケーブルテレビで懐かしヒーローものにはまっている。
最近は「レインボーマン」がお気に入り。
リアルタイムで見たことがない、という彼の
リクエストに応えて
「死ね死ね団のテーマ」を歌ってあげました。

映画「博士の愛した数式」を見に行った。
しかし、前半寝ていて(殴)よくわからなかったので、
帰りに原作本を買って、バスの中で読み始めた。
すごく面白くて、バスを降りてからも
二宮金次郎のように本を読みながら、家まで歩いた。

今日、教育委員会に後援の申請を出しに行くと思うと、
どきどきして眠れなかった。(遠足の前の日かいっ!?)

…われながらイタイです。
小学生からこっち、進歩していないかもしれない。
幼児だ。

まさか44歳になっても、
こんなだとは想像していなかった…
天才バカボンのパパよりも、
3つも年上だというのに   _| ̄|○


みなさま。
こんなわたしとお付き合いしてくださって、
ありがとうございます。


そして神様(?)。
こんなわたしを生かしておいてくださって、
ありがとうございます。


ふつつかものではありますが、
今後ともよろしくお願いします。m(__)m

やっと、やっと計画書ができました

増田先生の講演会の準備のほうですが、
sheepが計画書の修正に時間がかかっていましたが、
日差しが春めいてきたこのごろ、
やっと気持ちも前向きになり、
からだも動きだしました。
修正と言っても、
前に作ったものを少し練り直すだけの
簡単な作業だったのですけど…
時間がかかって、すみませんー

今週の金曜日24日、この計画書に予算書をつけて、
教育委員会に後援の申請に行きます♪


増 田 修 治 先 生 講 演 会 計 画 書
  2006. 2.22現在    

増田修治先生略歴:朝霞市立朝霞第二小学校の教諭。別名「どんぐり先生」。
子どもたちと楽しい学級を作ろうと、「ユーモア詩」に取り組んでおられる。
「ユーモア詩」とは、身近な生活のひとこまを、ユーモアあふれた詩にし、
それを読みあう中で心が開かれた学級を作ろうというもの。
親・子ども・教師がつながりあえる、そんな学級をめざし、
ストレスいっぱいの時代だからこそ、と
「笑い」をとりいれた教育を実践されている。

ね ら い:  母子密着、放任、虐待など、親子の距離感がうまく保てていないために、
子供たちのコミュニケーション力が低いまま、
学校という社会に入ってくることが、
学級崩壊などの問題の、大きな要因となっている。
大人でも、自己表現がうまくできず、コミュニケーション下手に悩む人は多い。
社会の生存競争が厳しさを増している現在、
人と人との心のつながりは、互いを守り、生きる力を育てるために、
いっそう重要性を増している。        
笑える詩、という自己表現を通じて、子供たちのコミュニケーション能力を開花させ、
さらにお母さんたちにもアプローチを広げている増田先生のお話を、
親子・家族・そして大切な人同士のよりよいコミュニケーションの、
ひとつの実践的答えとして聞きたい。
ワークショップでは、
詩を通じて、のびのびと自分を表現する楽しさ、
お互いの気持ちを認めあい、心がつながるよろこびを
参加者に実際に感じてもらいたい。

「こんなやり方もあるんだ」と知ってもらうことで、
受講者が自分らしいやり方をみつけるための
きっかけ作りになればいいと思う。

日 に ち :2006年7月1日(土)

時間と場所 :ワークショップ
       11:30から13:00 かでる27 10階会議室
       講演会 演題「笑いでつなぐ親子のこころ」
       14:00から15:30  同 4階大会議室  
料金:講演会:大人 500円 小学生以下無料
       ワークショップ:大人 1500円 小学生以下無料



時間は、大会議室→午後区分(13:00~16:00)
    小会議室→午前・午後区分(9:00~16:00)
で借りたので、
先生が埼玉から来られる電車や飛行機の時間などと
にらめっこして、このように設定しました。

料金は、昨年末スタッフのかたたちと話し合ったとおりです。
講演会はワンコインだと来やすいのでは?
ワークショップ&講演会で親子2000円なら、
そんなに負担ではないのでは?
ということで設定しました。

もっとも時間、お金などは申請に通ったあとでも修正は可能だそうで、
さらにご意見のあるかた、お待ちしています。

とりあえず、
えいっ!とこれを持って行ってきます。

母と子の輝くお産

だんだんと元気になりつつあります。
というか、家にじっとしていたら、
外に出たくなってきました。

今週日曜26日には、
こんなセミナーに出ようと思います。

母と子の輝くお産

~NPO法人ジャパンセラピスト協会設立記念講演~

講  演  母と子の輝くお産
日  時  2006年2月26日(日) 13:00~16:00
場  所  札幌市中央区北2条西7丁目 かでる2.7 大会議室
講  師  お産の家 吉村医院 元婦長  岡野 真規代

◎ 特別ゲスト ◎ 
HEARTLAND  スピリチュアルカウンセラー 吉岡 学

 ☆ 岡野 真規代 プロフィール ☆

1975年大阪市立助産婦学院卒業、3ヶ所の市民病院で勤務し、
1989年大阪市を退職。その間に、厚生省看護研修研究センターで1年間学び、
助産婦教育に携わる。その後、個人病院の婦長として勤務。
1993年に吉村医院長、吉村正先生の講演を聞き、
お産を文化的ないのちの営みとして捉える哲学と、
信念に衝撃を受け、1999年7月、吉村医院 お産の家 婦長として勤務。
そこで、自然なお産に立ち会うなかで、
これまでのお産を化学的現象としてだけ捉えていたことに気づく。
現代、あたりまえでなくなってしまった自然なお産が、
ヒトの人生全体にわたって、大きな意味を持ち、ヒトが本来持つ力の
すごさと内側に宿る神々しさを、お産のなかに取り戻すことがいかに大切かを、
2004年4月から富良野に来て伝えている。
現在、北海道内に、「お産の家」を建設計画中。

入場料 一般 前売り 2000円(当日2500円)  
    学生 前売り 1000円(当日1500円) 

託児あり(事前にご予約下さい)

詳しくは、お電話011-563-7883 or info@c-works.jp まで


1月のビデオ上映会に来てくださった
わーい♪さんが、スタッフとしてがんばっています。

sheep自身、子供を生んだ経験がなく、
というか、
自分がぼやーっとしているうちに
子供を生む可能性を失ってしまったというひけめがあって、

正直言って「出産」とか「母と子の問題」に
かかわることに腰が引けていましたが、

人とのコミュニケーションについて学ぶ中で、
人間関係のはじまりは「母子関係」であり、
ひとのはじまりは「誕生」である、
と気づき、
そのみなもとに近づく必要があるんではないかと
思いはじめています。

ていうか、
自分に欠けている部分をフォローアップしたいんでしょーね。


ですから、わたし自身これに参加して
どんな学びがあるのかは未知ですが、

ひとの生命の始まりであり、
生と死が隣り合わせである「お産」について
経験者のかたは今一度、
未経験者の方は新たに、
みつめてみるのは意味があるのではないか
と思って、ここでお知らせします。

ピンときたかた、一緒に聴きに行きませんか?

切らなくってもいいかもよ?

みなさま、お久しぶりです。
やっと調子出て、たまっていた用事を片付けています。
で、用事の第一弾で、こちらを紹介しまっす!
関東なんですけどね、


2月25日たんぽぽ公開セミナー
子宮筋腫・先進医療の適応と限界
~UAE(子宮動脈塞栓術)とFUS(集束超音波治療法)

 新しい治療法が相次いで登場し、
マスコミを賑わせています。

知ってますか?
UAEもFUSもおなかを切らない治療法なんです。
sheepも2年前に筋腫の手術をしたのですが、
切るのが怖くて怖くて、
何年もためらったのでした。

まあ、わたしみたく怖がりなひとは
めったにいないでしょうが、
やっぱり切りたくないですよね、女として、人として。
切らなくてすむUAEやFUSは、筋腫患者にはナイス!
でも歴史が浅く実施例が少ない治療法だと
リスクや適応範囲などわからないところも多いです。
マスコミのニュースだと、「夢の治療法」のイメージだけが一人歩きしていきがちです。

というわけで、患者の自助グループ「たんぽぽ」では
新しい医療技術の適応の範囲と限界について、
それぞれの専門医にお話を伺うことになりました。

◆日時 2006年2月25日(土)
午後1:30~4:30(午後1:10受付開始)
◆場所 東京ウィメンズプラザ ホール
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67
◆講師
(登壇順) 渡辺クリニック香椎 加藤 明さん
新須磨病院婦人科 福西 秀信さん
◆参加費
会員 1,500円
非会員 2,500円
◆定員 定員:246名(先着順・はがき/メール/ファクスにて受付)


くわしくは直接たんぽぽまで!
たんぽぽは子宮筋腫・内膜症・腺筋症など
婦人科良性疾患をもっているひとたちの
自助グループです。
良性の病気で、命に別状ないとは言っても、
辛い症状、不妊や、多彩な治療法の選択に
悩む人が多いのです。
わたしも手術前にはたんぽぽのみなさんに
相談したり、資料を集めたり、
すっごくお世話になりました。
手術前のてんぱった気持ちを、
どれだけ救ってもらったことか。

関東近辺のお友達で、これらの病気もちのかたがいましたら、
ぜひたんぽぽのことを教えてあげてほしいです

U^ェ^U

上のほうに載せてるたんぽぽのセミナー、
MIXYでも告知していたら、
今日1件申し込みが入ってた。

1件でもうれしいわんU^ェ^U
必要な情報が必要なひとに届きますように

MIXYに入りたい方いましたら、
お知らせ下さい。
いろんなコミュニティに参加できますよ。
って、もうみんな入ってるか。

その沈黙を誰に負わせるのか

いやー、落ちてしまいました。

前から家事ができないと悩んでいましたが、
やらなきゃ、やらなきゃと思ううちに、
このごろほかのこともできなくなり、
人に会うのも、外に出るのも
おっくうになってきたので、
メンタルクリニックに行ってきました。

軽いうつ状態という診断です。
そういえば年末あたりからテンションが落ちてたものなー。


服薬をはじめたのですが、
薬が体に慣れるまでは、
今までにまして眠くだるく、
ますます何もする気がおきず、
調子悪い数日を過ごしていました。

こんなとき
夫の態度がとても冷たく感じられ、
耐えられないと思いました。

今朝も夫のちょっとしたひとことで
がくっと落ち込み、口もきかずに
駅まで夫を送ったあと、

家まで戻り、
駐車場で車の中で泣いていました。

わたしはこんなに具合が悪いのに、
どうしてわかってくれないんだろう。

たったひとこと
いたわりの言葉がほしいだけなのに。

でもそれを口に出せない。
「こいつはだらしなくて、家事ができないんだ」
と夫は思っているでしょう。
今までの自分を振り返ると確かにそうなのです。

ひけめがあるから、何も言えない

悪いほうへ悪いほうへ
考えが進みます。

こんな冷たい人と結婚したのが間違いだった。

夫と一緒にいては、自分はよくならない。

もう離婚しようか、

でも自活する自信もない。

お金がなければ病院にも行けない。

いっそ

何もかも放り出してしまいたい。



まあ待て
それはあまりにもアホらしいではないか。



そうして思いなおしました。

夫に頼ってもしかたない。

夫にはわたしを治してもらえない。

そう。

自分で治すしかない。

自分の生活は自分で守るしかない。

とりあえず、

ここの家を自分の居場所と決めたからには、

ハウスキーパーとしての役割を
果たすしかないんだと。


これを日記に書こうと思い、
家の中に戻って

パソコンを立ち上げて

今日のかめおかさんのフォーカスチェンジを読みました。

わたしは自分の幸せの責任を自分でとっていなかった…

心に響きました。

夫に頼らない、自分で自分を救おう
と言いながら、
心の中では夫を恨んでいた。


「わたしはこんなに具合悪いのだから、
いたわってくれるのが当たり前」

「いたわってくれないあなたは悪い人」

「あなたが冷たいから、
わたしはひとりで苦しんでいるのよ」

無言で夫につきつけていた
自分の気持ちに気がつきました。

言えなかったのではなく、言わなかった。
沈黙のほうが、重いから
一番重たい荷物を夫にしょわせようとしていた。


でも、
幸せも、苦しみも
自分の人生の責任は自分にあるのですね。
誰も重荷を背負う必要はないのですね。

辛いけど、
さっぱりした気持ちになりました。

きちんと治るまで治療して、
目の前の、
できる範囲のことをやっていこうと思います。

 | HOME | 

FC2カウンター


フリーエリア


最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

sheep


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。