青いひつじ

≫増田修治先生講演会の準備

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また使ってくれる

長野県作文の会さんは、20071011195850.jpg


50年間、長野県の子どもたちと
児童詩を通して向き合ってきました。

今年11月、
増田修治先生の講演会を開かれます。


昨年も増田先生の講演会を開かれて、
好評につき今年も呼ぶそうです。

去年宣伝チラシにわたしのイラストを載せてくださいました。
今年も使ってくれるそうです


「笑って伸ばす子どもの力」
 ―増田修治先生講演会―


11月18日
10時から12時まで
長野県諏訪市 駅前市民会館(スワプラザ2階)


お近くのかたは、ぜひどうぞ
スポンサーサイト

「ことばで伝え合う学級づくり」~増田修治先生新刊

増田修治先生の新しい本の紹介です。

教育開発研究所という教師向けの専門書を発行している出版社から、

「どうする? ことばで伝え合う学級づくり
       ユーモア詩で笑った!泣いた!
                 どんぐり先生と子どもたち」

        
                     という本が出ました。
20070929131059.jpg


わたしたちが札幌で増田先生の講演会を開いたのは
去年の7月でしたから、
もう1年以上たったのですね~


本のコピーから
「この本には、
言葉で伝え合い、表現で伝え合い、 人と人がつながり合う
学級づくりの秘訣 がたくさん詰まっています。
 
子どもたちのコミュニケーション力は、ほんとうに低下しているのでしょうか?
私たち大人が子どもたちとともに生活し、言い分をしっかりと受け止め、働きかけていけば、
子どもたちの中から次々と豊かな言葉が溢れてきます。

本書に掲載した、子どもたちのたくさんの笑える詩を読んで、笑ってください。
子どもの心の開き方、表現の磨き方のヒントが必ず見つかるはずです!」


増田先生、相変わらず熱血です走ってます

子どもの書いたおもしろい詩が沢山載っていて、
それに親たちと増田先生の言葉が寄せられています。

読んでいると、
子と親の、お互い揺れもがくひたむきな想い、
それを一生懸命引き出そうとしていく増田先生の情熱が
じわじわ~と伝わってきます。

まさに「ことばで伝え合う学級づくり」のツボが、
実践を元にわかりやすく公開されていますし、

今年度の6年生91人が、卒業制作で共同版画に取り組んだ様子も紹介されています。
「共に生きる星(共生)」をテーマに、
環境汚染とクリーンエネルギー、いじめと友情、戦争と平和など、
悪いものと善いものが隣り合わせになっている地球を描いた
こどもたちの版画は、すごい力に満ちています。


再び本のコピーから
「いま、学級経営に悩んでいる先生、
子どもたちの表現力、伝え合う力を伸ばしたいすべての先生に、
ぜひ読んでほしい一冊です」


教師には、親と子の架け橋になる力があるんですよね。
一人でも多くの先生方に手にとって欲しい本です。
もちろん教師以外の人にもおすすめしますっ




それから…おまけなんですけど、
この本を開けると1章目の扉に
見覚えのあるイラストが…?

20070929135822.jpg


? そうです、去年の講演会のチラシ用に
わたしが描いた先生の似顔絵です

教育開発研究所の担当・落合さんが
「増田先生の似顔絵」を探しておられて、
ネットでこの絵を見つけて使ってくださったんです
本に載るなんて…感激です~

出来上がった本をさっそく1冊贈って下さいました。
会う人に見せて自慢しようっと。

落合様、どうもありがとうございました。m(__)m

ありがとうございました

7月1日増田修治先生講演会&ワークショップ無事終了!

立ち見が出る、とまでは行きませんでしたが、
ワークショップも講演会も盛況で、
参加者のみなさんの反応もビンビン

詩の紹介では爆笑の渦、
後半のシリアスなエピソードでは
鼻をすする音が…


増田先生の熱意と温かい人柄と、
詩にこめられた子どもたちの想いに触れ、
大きな声で笑ったり、泣いたり

明日からまた新たな気持ちで
人とかかわっていこうという元気をもらって
みなさんお帰りいただけたと思います。


それにしても
増田先生のパフォーマンスはすごい
スピード感あふれる言葉と、
派手なボディーラングリッジ、
あんな芸人(爆殴)とは思いませんでした!
学校の先生にしておくのは惜しい

あれだけ熱いから、伝わるのだな~と感じました。

札幌のみなさんのノリがいいので、
普段言わないようなことまで言ってしまった…
と先生はおっしゃっていましたが。


やっぱりナマで会えてよかった。
早くも「来年もまた呼びたい」との声も出ています


増田先生、スタッフの皆さん、協力してくださった沢山のかたたち、参加者のみなさま、本当にどうもありがとうございました!

増田先生のすすめる
「自己肯定感」の持てる世の中にするために、
明日からまたちびちびと歩んでいきましょうね♪

ワークショップ

子どもの詩の穴埋め問題や、
面白コメントを考えたり、
頭とココロ、フル回転。

シモネタ続出。もとの詩より過激なセリフも…

最後は参加者自身がユーモア詩を書いて、
自分を振り返るひとときでした。
P1010012.jpg

P1010013.jpg

P1010027.jpg

写真より男前 増田先生

講演会

増田先生のマシンガントークに
爆笑!

けなげに頑張る子どものエピソードに
涙。

笑って笑って、ほぐれたココロに
メッセージがしみこむ
これが増田マジック

P1010059.jpg

P1010065.jpg

20060702113943.jpg

夢を手渡す

20060702113954.jpg

おつかれさまでした

増田修治先生との出会い

増田修治先生(どんぐり先生)は埼玉県の小学校教諭。
子どもたちと楽しい学級を作ろうと
「ユーモア詩」に取り組んでいます。


10数年前受け持ちのクラスが学級崩壊の危機に瀕したとき、
増田先生は子どもたちに詩を書くことをすすめました。

増田先生自身が、
子ども時代のイジメ経験からくる人間不信を
詩を書くことを通じて乗り越えてきた経験があったからです。


子どもたちが書いた詩をクラスで読みあう中で、
荒れる子どもには笑顔が少ないこと、
「笑える詩」に子どもたちの顔が輝くことに気づき、
「ユーモア詩」の取り組みを始めました。


「ユーモア詩」とは、
自分や親や家族の(増田先生のことも)身近なことをネタに
くだらなくてもいいから笑える詩を書き、
それを読みあう中で
心が開かれたクラスを作ろうというものです。


「あいつ、何も言わないけどこんなこと考えてたんだな」
「こんなの自分だけじゃないんだな」
「こんなヘンなことを言っても、受け入れてもらえるんだな」

そう感じた子どもたちは
のびのびと思いのうちを表現するようになり、
お互いのありのままを受け入れるようになり、

学級通信に載った子供の詩を読んだ親たちも

「こんなのうちだけじゃないのね」
とホッとして、
「先生あのね…」と悩みも打ち明けやすくなり、

笑いながらだんだんに、親と子どもと教師が、
ホンネでつながりあえる、そんな学級になってきました。



わたしが増田先生のお話を初めて聞いたのは、
去年の秋、NHKラジオででした。

当時わたしは、自分が永年持っていた
「人付き合いが苦手」という意識が、
親との関係から発しているとつくづく感じていました。

人間関係の根っこは親子からはじまる。
子ども時代の小さなつまづきが、
根を張って育って、
長い間人生に影響することが多いのではないか。

ならば、小さな双葉のうちに、
それを何とかできないだろうか。


でも、実際の親子関係は、
親の育ちかたの影響もあるし、
学校や家族など周りのものにしばられていて、
そこに踏み込むのは難しい。
(自分は子どもいないし、よくわからないし…)

どうしたらいいのかな~と思っていました。

そんなとき、
偶然にも先輩の勧めで増田先生のラジオを聞いて、

目の前が開けたような気がしました。


「笑い」を道具に、
親子の心のもつれを解くことができる。

そういう方法がある!ここにある!

そして
実践して効果をあげている人がここにいる!

すばらしいと思いました。

「北風と太陽」の太陽のように、
心をあたたかくほぐして、つなげる方法。

とても癒されて、励まされました。

このお話をナマで聞きたい。
自分と同じように元気付けられる人がたくさんいるに違いない。

そんな気持ちから始めました。


人とのコミュニケーションが苦手だったり、
子どもとどう関わっていいのかわからずに、
悩んでいる人のために、

コミュニケーションをよくする方法は
無数にあるけど、
そのリアルなひとつがここにあります
笑って心のコリをほぐしながら、
自分なりの方法を見つけるヒントにしてほしい、

多くの方のご来場をお待ちしています。m(_ _)m

増田修治先生講演会


「徹子の部屋」、NHK「にんげんドキュメント」
TBS「学校へ行こうスペシャル」にも出演されました!


増田修治先生講演会&ワークショップ                      
笑いでつなぐ心とココロ
20060608090343.jpg


子育てが楽しくない…
思っていることがうまく伝えられない…

もっとココロを開いてつきあいたいのに……、
そういえば、このごろ笑っていない……、

そんなあなたを、
増田修治先生(どんぐりせんせい) が元気づけます。
                                          
2006年7月1日(土)
会場:かでる2.7
(札幌市中央区北2西7)

ワークショップ 「心のコリをユーモア詩でほぐそう」
10階1030会議室(定員60名) 午前11時半~午後1時
講 演 会 「笑いでつなぐ 親子のこころ」
4階 大会議室(定員200名)  午後2時~(1時間半の予定)

※参加料 ワークショップ  大人1,500円 子供(小学生以下)無料 
     講 演 会  大人  500円 子供(小学生以下)無料
※託児(乳児を除く未就学児対象:100円)定員14名です、
お問い合わせ下さい。


主催 どんぐり先生を札幌に呼ぶ会 (増田修治先生講演会実行委員会)
    sheepsleap@yahoo.co.jp

チラシを札幌市内各区役所、区民センター、図書館、子育て支援センターに配置中

お申し込み、お問い合わせはsheepsleap@yahoo.co.jpまでお願いします。

講演会準備経過更新中です
 カテゴリー の

増田修治先生講演会の準備 をクリックしてね。

増田先生ってどんなかた?というひとは
リンク から「どんぐり先生のホームページ」を訪ねてみてください。

よかったら、イベント情報もポチッと
20060425173634.jpg

いよいよ

講演会を明日に控え、
まだバタバタとしております。

いつもながら、
自分の仕事のスピードに対する読みが甘いのだわ~
とつくづく思いながら、

明日使う紙看板などを作っております。



もう増田先生はお休みになっているでしょうか。


明日
遠くの
会ったこともない人が、
呼びかけに応えて、
はるばる飛行機に乗って、
わたしたちのところに来てくれる。
そして講演をする。


不思議な感じです。


これから
明日の夫の夕食のために
カレーを作らなくてはなりません。

あまり寝不足だと、写真写りにひびくなあ。


明日は
きっと
あっと言う間に過ぎるでしょう。


うんと味わって、
楽しまなくちゃ、もったいないなあ。


終わったら、
たくさんのひとにお礼しなくちゃね。
まだまだ忙しいなあ。


明日も晴れですね。
それでは、みなさん、
本当にありがとう。
おやすみなさい。

明日お会いしましょう。



今日もNHKで

28日のNHK「ほっからんど北海道」で
とてもていねいに講演会の紹介をしてくれました。

さっきまた電話があり、
今日の夕方のニュースの
「週末の予定コーナー」(6:45~)

紹介してくれるそうです。

NHKさまさまですm(__)m

それから
ボラナビ7月号でも載せてくれました!

イケた!

会議の資料をまとめるのに、
今までかかっちまった。

もうファックス送るのには遅いので、
明日にします。
ごめんなさい。

こういうのって、
時間かかりすぎる… _| ̄|○


今度もし、わたしが何かするときは、
スケジュールと
資料と
お金を管理してくれる
マネージャーを探してからやろうっと(^・^)


でもホント半年間楽しかった、
勉強になった、
ありがたかった。

講演会はあさって。
苦しくもあった登りはもう終わりさ!

あとは頂上に立つのみ。
どんな景色が開けてくるのかな



今日はボランティア団体保険の手続きで、
かでるに行ったのです。
そのついでに4階の大会議室に行ってみました。
人気のない大会議室の廊下はとても広く、

こんな大きなところを借りて講演会を開こうとしているのだ

すごいじゃないの

という感じを味わいました。


しんとした廊下が
人いきれでざわめく様子をイメージし、

「来て下さってありがとうございます」
と声に出して練習してみました。


うれしくて、
立ち去りがたく、
何度も練習しました。



まだ終わっていないのにね、
もう
イケた!
って感じで、
完全にハイになっているのであります。(^^;)


スタッフ・協力者のみなさん、
わたしと一緒に頂上の景色を思う存分楽しみましょうね


(でも今からこれじゃ、打ち上げが心配。
だれかセーブしてくださいませm(__)m)

28日最終打ち合わせ無事終了

みなさん、昨日はおつかれさまでした。
わたしのせいで、最後までバタバタしてしまいましたが、
(1時間のパーキングに車とめるな、っつーの)
充実した話し合いだったと思います。

おかげで申し込みも着実に伸びて、
大台を越えました。

あとは当日を楽しみに、
身体を休めて英気を養いましょう

出席できなかった方には、
ファックスなどでお知らせを送りますので、
もうちょっとお待ち下さい。

それでは7月1日(土)よろしくお願いいたししますm(__)m

NHKで紹介されます

明日28日、NHK「ほっからんど北海道」
増田先生の講演会が紹介されます。



実は昨日、
駅前で毎日中継している「ど◎◎こワイド」の現場に、
偵察に行きました。

TV局への電話では
「そのような宣伝は、抽選で決めるのですぐにはムリです」と
言われたものの、

現場でチーフのひとをつかまえて、
頼み込めばあるいは何とか…
と思ったのです。

しかし…
現場に行ってみると、
それらしいエラそうなひとが確かにいましたが、

スタッフに囲まれ、
ガードが固くて近寄りがたい雰囲気。

周りにいたスタッフをつかまえて、
頼んでみたものの、
「時間がないですので…」と
しっ、しっ、とされてしまいました。

「お代官さま~」と
直訴!
したかったのですが


すみません。_| ̄|○
そこまでの度胸はありませんでした。

すごすごと帰ってきました。



そのかわり、

前からお願いしてあったNHKから
電話がありました。

明日「ほっからんど北海道」の11:45~11:55の時間帯に、
増田修治先生の講演会を紹介してもらえるそうです。
やったー\(^o^)/

明日は最終打ち合わせですが、
それが終わったら、すぐ家に帰って、
電話番しますわ。

最終打ち合わせ

28日2時から、
最終打ち合わせを開きたいと思います。
場所はいつもの「かで6」です。離れてるかたは来れないかな?と思いますので、
結果を報告しますね。
都合のつくかたは、参加をお願いします。

do新に載りました

昨日夕刊の15ページに、枠つきで
講演会のことが紹介されました。
「どんぐり先生講演会」という題で、
かなり目立ちます。
大きく載せてくれた記者さん、ありがとうございますm(_ _)m

反響が待たれます~

厄払い

今日出かけようとして、車に乗ろうとしたら、
あら~?ガラスが、ガラスがないよー

車上狙いにやられたのです。
来てくれたおまわりさんの話によると、
夕べは近所でもう一件、車上狙いが起きたそうです。

このへんは治安が良いと思っていたのに~
気に入って乗ってる大事な車なのに~

一番ショックなのは、
月曜に印刷しようと思って
後部座席に積んでいた
増田先生の講演会資料が盗まれてしまったこと。

なんで、よりによってこんな大詰めのときに。

スポーツクラブのバッグを
積みっぱなしにしていたのが悪かった…
わたしの馬鹿馬鹿!

しかし、なんで茶封筒に入った資料まで盗むかね。
個人情報の入った名簿か何かかと思ったか。
泥棒の馬鹿馬鹿!

くやしい~ちくしょ~



増田先生に連絡して、
急遽資料を再送してもらうことにしました。
先生、せっかくの資料を無駄にしてごめんなさい。m(_ _)m
でも月曜の印刷に間に合います。

車の修理は3万円程度で済みそうです。
しばらくはビニールを貼って走ることになりますが、
走行にあまり支障ありません。

盗られたバッグもスポーツシューズも使い古しの安い物で、
ほかには着替えの下着ぐらいしか入っていませんでした。


すごく腹が立つ。
ショック。

だけど…
これで済んで良かった。
そんな気がします。

人生何が起こるかわからないのだから、
ちゃんとしていなさいよ。
スケジュールは余裕を持って、
物はきちんと片付けておきなさいよ。

このできごとは、
わたしにそう教えてくれている気がします。

はい、本当にそのとおりです。
教えはちゃんと活かします。


これで済んで良かった…

 | HOME |  »

FC2カウンター


フリーエリア


最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

sheep


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。